光回線でインターネット!

インターネットを光回線で使うことで、Youtubeをはじめ動画サイトもストレスを感じることなく閲覧できるようになるのです。 回線が遅いものだと動画が途中で切れてしまったり、重めのファイルを送信するのに時間が無駄にかかりますので、光のような高速回線が快適です。 NTTの光ファイバーを用いた回線であるフレッツ光は、一流企業のNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度も良質なサービスを利用可能にしています。 他のNTTと同種の企業も値段などで対抗しており、大規模な差がなくなってきていますが、シニア世代の方たちからするとNTTが安泰だと思う人がたくさんいると思います。契約後のフレッツをクーリングオフするには、契約の内容が記載された書類を受け取った日から8日間であれば書面で契約申込の撤回を無条件下で行うことができます。フレッツは有無を言わせぬ勧誘が問題になっており、クーリングオフをしたいという方も少なくない数いらっしゃいます。 クーリングオフをしたくでもできない場合は、解約のためにお金を支払ってでも解約したい!と思う人もいるみたいです。プロバイダの料金が今より安くなるといわれて、今のプロバイダに乗り換えをしたのですが、失敗でした。 確かに、値段はかなりお買い得でした。 でも、ネットにつながらなくなるっことが頻繁に起こったり、回線速度の低下がみられたりで、前のプロバイダの方がはるかに快適だったのです。プロバイダを乗り換えたのは安易な考えだったと、悔やむ気持ちです。 ワイモバイルは毎月の維持費がどんなに少なくても3000円程度かかりますが、複数の機器を使用している場合には、特典として500円割引になります。プラスαとして、契約事務手数料や解約金が必要なかったりと、二台目からの契約がお得になります。なので、今からは、au、docomo、softbankに代わって、普及率が向上していくと思われます。

関連リンク

光回線プロバイダー選び方
NTTのフレッツ光とKDDIのauひかりに関する情報はこちらです。光ファイバーを自宅に導入する際に必要になるプロバイダの選び方を光回線別にご紹介中です。
www.opticalcircuitcampaign.com/